未経験者にうれしい給与保証制度 タクシー求人「大阪府」

未経験者が抱える不安

未経験者にうれしい給与保証制度のある会社

タクシードライバー未経験者が転職に際して一番心配なのはやはり稼ぎの問題です。タクシー会社の給与形態にはいくつか種類があって、他の一般的な会社のように固定給や賞与が支払われるところもあります。しかし歩合制が強い形態もあって、その場合は自分の売り上げに収入がかなり依存することになります。

 

勤続年数が長く、その地域の土地勘や地理の知識がばっちりというのなら良いですが、未経験の人や上京してきた人であればそのあたりがまだ不安定です。「入社できたとしてもたいして稼げないのでは・・」と不安になってしまいますよね。

 

せっかく転職したのに 手取り10万以下だったら悲惨です。でも転職を考えているのならそんなに心配することはありません。タクシー業界には通常「給与補償制度」があるからです。これは入社してから一定の期間、給料を一定の額保証してもらえるということです。

 

タクシードライバーとしてまだ動き方が分からなくても、給料をそれなりの額をもらえるので大助かりです。地方から大阪に出てきた人の場合は大阪に住んでいると生活費もこれまでより高くなって心配なことがあるでしょう。そういう場合にこの保証制度は強い味方になります。

 

給与保証がされるのはどれくらいの期間?

では具体的にどれくらいの期間保証がされるんでしょうか?これは会社によって変わります。短め のところだと2,3ヶ月くらいで終了します。それ以上で6ヶ月くらい続くところもあります。3ヶ月か6ヶ月のどちらか2つのタイプを選べるところもあります。会社の中には1年間保証が続くところもあります。

 

いくつか実際の例をあげてみましょう。国際航業大阪の場合は経験者の場合は2ヶ月間の賃金保証ですが、未経験者の場合は入社日から6ヶ月間の保証です。最長だと1年6ヶ月の保証になることもあります。最長の期間の場合はかなり長い期間ですので、適用されればうれしい限りですね。

 

別の例は日本交通グループのさくらタクシーです。こちらは入社後12カ月間の給与保証がされています。南港マリンは半年間は保証されています。日本交通は入社後1年間はOKです。日進交通株式会社は3カ月間給与が保証されます。ワンコイン南花田株式会社は6カ月間保証されます。大宝タクシーは6カ月間あります。

 

保証される金額はどれくらい?

未経験者にうれしい給与保証制度のある会社

給与が保証される額はどれくらいでしょうか?会社によってまちまちです。さくらタクシーは261,000円が保証されます。大宝タクシーは月給20万円が保証されます(1種免許のみの場合)。日本交通は29万円保障されます。

 

京都第一交通株式会社は未経験者・未経験者ともに20万円でした。ワンコイン南花田は昼勤21万で夜勤が25万保証されます。大阪相互タクシーは20万円です。だいたい20万円前半か20万円中盤が主流のようです。日本交通のように大手の場合は29万円という大きな額を提示しています。

 

保証額が大きい方が良いですが、保証額が高くても保証期間が短ければ不安です。ですから保証額と保証期間のバランスを考えて選ぶようにしましょう。

 

研修期間中は給料が出るの?

タクシー会社に入社すると通常は研修が1カ月ほどあります。会社によって研修期間に差がありますが、研修している間の給料はどうなるでしょうか。だいたい1万円くらいが相場と言えます。研修期間中でもちゃんと日当をもらえるので、入社後からでも生活費の心配がそれほどなく安心です。

 

給与保証期間だけに頼らないようにしよう

給与保証期間は心強いですが、だからといってこの期間だけに頼りすぎてはいけません。やはりその期間中にしっかりと客をつかまえられるように努力しないといけません。

 

焦る必要はありませんが、しっかりとノウハウやスキルを向上させたり、地理を覚えて運転技術を上げたりしないといけません。すぐにベテランになるのは無理ですが、1年目からでも稼いでいる人は少なくないので、給与保証期間をしっかり使って上達するようにしましょう。

 

迷ったらとりあえず大手のタクシー会社に入社しよう

どこにすればいいか迷ったら、未経験者はとりあえず大手のタクシー会社に所属すると良いです。大手は給与保証だけでなく、研修制度や福利厚生がしっかりしている傾向があるからです。またネームバリューを活かして顧客をゲットしやすい環境を持っています。

 

専用乗り場とかタクシーチケット、配車アプリ、介護タクシーや観光タクシーなどのニーズの多様化など大手は集客率を高めるための手段をいろいろ持っているので、未経験でも稼ぎやすいのです。給与保証は募集時に気になる項目ですが、あくまで一時的な救済措置のようなものです。

 

ですから長い目で見れば安定して稼げる大手のタクシー会社に入るのが現実的です。タクシードライバーに転職する上で役立つ「タクQ」のような求人サイトもありますから、積極的に活用して転職を有利に進めましょう。