タクシー転職での失敗と後悔

タクシー運転手はバラ色なことばかりではない

転職での失敗と後悔

タクシー運転手として最初に華々しくデビューしたとしても、後になって転職を後悔したという話は少なくありません。タクシー運転手に限らずどんな業界にも言えることですが、たいていある職場で働くのにはメリットもあればデメリットもあります

 

自分の好きなことだけを好きなタイミングで行いたいなら自営業という道もありますが、自営業なら自営業で生活の不安とか管理の難しさなどにあたることもあります。ですからどんな仕事でも本当に楽して何の努力もなしに稼げるわけではないということです。

 

タクシー運転手のメリットを少しだけ復習してみると、タクシー運転手は年齢や経験の有無を問わず多くの人に転職先として開かれた職種です。また定年制度がないところもあるので生涯じっくりと働けます。また入社わずかで高収入を稼ぐことも、少なくとも大きな都市であれば可能です。

 

また一人で作業する時間が多いので人間関係のわずらいがあまりありません。運転が好きな人には向いている職種です。さらに怖いお客や面倒な客もいるにはいますが、良いお客さんであれば楽しい仕事になることももちろんあります。接客業が好きな人にもこうした面から向いていると言えます。このようにタクシー運転手として働くのは楽しい事も利点もあります。

 

タクシー運転手としてのデメリット

しかしデメリットについてもしっかり抑えておかないといけません。メリットだけに注目すると後で後悔しやすいからです。例えば労働時間が長いので疲労が蓄積しやすいという点があげられます。タクシー業務の勤務体系には昼日勤や夜日勤、そして隔日勤務がありますが、隔日勤務で働く人は多くいます。

 

この場合だと一回の労働時間は16時間前後になります。もちろん16時間ぶっつづけに運転し続けるわけではありません。適度に休みを入れます。でも拘束時間としてはかなり長い時間になるわけなので、体力的に問題がある人にはきつい可能性があります。また座り続けて腰が痛くなるという人もいるでしょう。

 

痔になるリスクもあります。健康リスクは長く続けていく上で大事な点ですからおさえておきましょう。タクシードライバーとして働いていると時間があっという間に過ぎると言う人もいますが、これは人によって多少変わってくるところでもあるので覚えておきましょう。夜勤など無理!という人は、昼日勤に絞ることもできますが、求人は隔日勤務より少ないようです。

 

給料に関してもあります。それは月々の給料が安定していない事です。給与体系はいくつかあって、一般企業のように固定給+賞与が支払われることもありますが、歩合制の場合は毎月の売り上げや収入が変動します。ですから将来的な計画を立てにくいというデメリットが生まれます。

 

仮にローンを組みたいと思っているのなら、こうした問題点も考慮しないといけません。売上がのびなくてあせってしまうという事もあるでしょうから、給与体系についても熟慮しましょう。ちなみに乗り逃げなどの例外は除いて、仮に自分の過失で客から料金をもらえないとなると自腹となる場合があるので注意が必要です。

 

未経験で地理に詳しくなく道を間違えてしまったとか、機器の操作を間違えたといった理由で支払ってもらえなかったら面倒なことになります。

 

タクシードライバー転職で後悔しないために

転職での失敗と後悔

デメリットをいくつかあげましたが、ドライバー転職で後悔しないためには、これらのデメリットを解消する対策や意識を持つことが大切です。まず労働時間に関してですが、会社に申し込む前にしっかりと勤務シフトや勤務スタイルを確認し、その上で自分の希望を伝えるようにしましょう。

 

稼ぐのも大事ですが、体が資本なので無理のないスタイルを選ぶようにします。夜無理なら昼日勤を希望してみましょう。また隔日勤務を選択した場合も、適度な休憩を意識しましょう。営業所に仮眠室や休憩所を設けている会社を選ぶようにするとリラックスしやすいでしょう。あるいはどこか静かな場所で軽く仮眠するなどして業務に集中できるようにしましょう。

 

給料に関しても必ず会社に事前に給与形態を確認するようにしましょう。未経験で自信がないのなら、給与保証期間ができるだけ長い会社を選ぶと言う手もあります。中には1年とか1年半という長いスパンで保証してくれる会社もあるので、必要に応じてそういう会社を選択しておくと現実的かもしれません。

 

また研修制度はあるものの、道の間違いを少なくするために、ナビをフルに活用している会社を選ぶようにすると良いでしょう。もちろん抜け道など自分の経験則や知識でカバーすると良い場面もあるでしょうから、道を覚える訓練を続けていく必要があります。先輩などにいろいろ便利なルートを教えてもらうようにするのも良いです。

 

タクシー運転手として転職を成功させられるかどうかは、最終的には働き始めてから決まります。とはいえ未然に心配や不安を少なくするために会社選びを慎重にすることが大事です。タクシー転職サイト「タクQ」などを使って無料で転職相談などをすることで、事前に知識を蓄えたり優良企業を提案してもらったりできるので活用しましょう。